【11月3日 舞台】四国村 農藝祭 〜いのちのまつらい〜(香川県高松市)

江戸時代

農民が仕事の合間に

歌舞伎を演じて楽しんだという

小豆島から移築してきた

農村歌舞伎の舞台で

音楽や舞を捧げます

 

五穀豊穣 助け合い

世界平和や家族の笑顔

そんな幸せな空間や人との関わり

安らぎがテーマの小さな集まりです

 

▶︎ STORY

  ある朝、四国村・農村歌舞伎の舞台をみた瞬間
  この茅葺屋根のたたずまいが宮沢賢治の世界と繋がった。
 
  宮沢賢治の「雨ニモマケズ」
 
  この絵本の中に描かれていた茅葺屋根の絵と舞台とがリンクして
  気がつけば、体は勝手に動き踊りだしていた。
 

  まだ朝の早い時間だったので
  まさか誰もいないだろうと高を括っていたのだが
  見事にその期待は裏切られた。

  なんと、踊っているその場に、朝の清掃に訪れた
  スタッフさんがやってきた。  
  しばらく様子を伺っているようだったが
  踊り終えるとこちらに向かって歩き出した・・・
  これは注意されるかなと思いながらもお話してみると
 
  そのひとは涙を浮かべながら
  「あまりにも踊りが素晴らしかったからこのまま帰してはいけない」と
  上司のかたを呼びに姿を消してしまったのだ。
 
  そこからは、あれよあれよという間に話が進み
  気がつけば、今回の「農藝祭」が開催されることに。
 
  こんな奇跡のようなご縁で繋がったこの空間と時間を
  みなさんと共有し楽しむことができたらと
  心から願うばかりだ。

 

▶︎ 日時

  2020年11月3日(火) 祝日/10時〜16時

  ※晴れの日は日差しが強いため、日傘、帽子などをご用意ください。
  また、屋外での開催のため快適にお楽しみいただくためにピクニックシートなどを
  お持ちください。

 

▶︎ 会場

  四国村/農村歌舞伎 舞台
  https://www.shikokumura.or.jp/intro/intro_03.html

  感染症拡大防止のため、下記ご理解ご協力をお願いします。
  ・発熱時や体調がすぐれない場合はご来場をお控えください。
  ・入場時にはマスクを着用するなど咳エチケットにご協力ください。
  ・ほかの方との距離を十分に確保してください。
  ・混雑時には入場制限を行うことがございます。
  ・COCOA(厚生労働省新型コロナウイルス接触確認アプリ)や
   LINEアプリ「かがわコロナお知らせシステム」をご活用ください。

 

▶︎ 入村料

  一般 1,000円/高校生 600円/小中学生 400円

※四国村入村料のみですべてのライブパフォーマンスをお楽しみいただけます。
ゆとりのある方は、それぞれのアーティストへおひねり、投げ銭をおねがいします!

 

▶︎ タイムテーブル

10:00 開場

11:00~12:00 YURAI

12:00~13:00 〜昼休憩〜
みんなでお弁当タイム。
ご来場者も出演者もスタッフも一緒にほのぼのお昼時間です。
農村歌舞伎では、わりご弁当と言うのがあり
「一緒に食べましょう!」と呼び込むのだそうです。
お弁当、カレーの出店があります。
{ 12:15〜  〜地球の民のユニット〜 マナフネ 2015 + ノーミンズ  }

13:00~13:30 Nomad Band

13:40~14:20 松山真理 Live Paint × Jazz Trio 

14:30~15:00 荘内バンドと母ちゃんズ

15:10~15:40 圭帆

15:40~16:00 「フィナーレ」雨ニモマケズをみんなで!

 

その他、出演者や出店情報も含めた公式の情報はこちら。

四国村 農藝祭 公式ページ

 

日時 11/3(火) START 10:00 FINISH 16:00
会場 四国村 農村歌舞伎舞台(香川県高松市屋島中町91)
参加費 一般1,000円、高校生600円、小中学生400円
お申し込み 不要。当日直接会場までお足運びください。

お知らせ

News