舞の道 観音舞 中部支部主催公演

皐月の宴〜ことはじめの集い〜

舞の道観音舞 中部支部立ち上げの初舞台。

岐阜県恵那市笠置山の美しき大自然と、観音舞が織りなす、真善美愛と調和に満ちた空間を創造。

柳元美香の元、舞の道を歩む三人の舞手(遠山奈津子、船橋愛理、吉田美和)により公演を発足、企画、制作、伝え手として稽古指導まで務めた。

舞いたい、舞の心地よさをみんなと分かち合いたい、それを笠置の神様に捧げたい。

そんな三人の純粋なこころが、各地から舞手を呼び、大きな宴となり、当日は満員御礼の大成就となった。

舞台作品

Works

企業様やアーティスト様とコラボレーションし、作り上げた舞台作品を紹介します。